投資信託を利用して自分が寝ている間にもお金を稼ぐことができて喜ぶ男性

投資信託って聞いたことありますか?投資信託とは、ざっくり言えばお金だけ出して後は専門家に投資を託すものです。その為、ほったらかしでも稼ぐことができるものなのです。忙しくてちまちまやってられないという方にはもってこいの投資法と言えるでしょう。

不要なジュエリーはどうする?買取?処分?資産管理を徹底しよう

服やカバンなどのファッションと同じくジュエリーは身につけて外出するものであるので、仕事や年齢などの生活環境の変化によって趣味が変わります。
なので、以前に高額で購入したものであっても、不要になってしまうケースが多々あります。
では、こんなとき不要になったジュエリーをどのように扱うのが最適なのでしょうか。

まず、ダイヤや貴金属などでは買取業者が多数ありますので、比較的容易に手放すことができます。
不要になったジュエリーを買取してもらうことで得られた現金で、新たなものを購入することも可能になります。
このような売買が容易に可能な流動性の高さが、ダイヤや貴金属の人気を支えています。
不要になったものを自宅にしまっておくのではなく、積極的に売却してしまうことも選択肢のひとつになります。
ただし、数あるジュエリーの中には思い出の詰まったものもあるでしょう。
売却して手放すことによって新しいものを購入することが可能であるとは分かっているものの、簡単には手放せないジュエリーもあるでしょう。
こうした場合には、時代遅れのデザインになってしまったものをリメイクするという方法があります。
貴金属については簡単に加工が出来ることが魅力のうちのひとつですし、ダイヤに関しては台座のデザインが変わることによって大きく印象を変えることができます。
整理してしまう以外の選択肢として、リメイクもおすすめになります。
なお、ダイヤや貴金属などのジュエリーの売却については税金に関する知識を持っておくことも重要になります。
つまり、ジュエリーを売却することによって現金収入を得ることになりますので、課税の対象になります。
どれだけ高値で売却できたとしても、税金によって結果的に損をしてしまうこともあります。

現在、日本の税制では年間50万円までの特別基礎控除枠があります。
なので、多くのジュエリーを資産としてお持ちの方は、毎年50万円ずつ計画的に整理をしていく必要があります。
一気にすべてのものを整理したいという思いを持たれる方も多くいらっしゃいますが、決して低くない税率ですので長期的な計画が必要になります。
特にジュエリーを投資だと考えられている方は、十分にご注意ください。
また、ジュエリーを相続する資産として考えられている方は、相続を受けるご家族の税金の負担にも気を配りましょう。
具体的にはジュエリーの贈与による贈与税や、相続による相続税が挙げられます。
やはりさきほどの特別基礎控除額について十分に考慮して計画的な贈与や相続を行う必要があります。
相続する規模にもよりますが、何も対策を行わずに死亡にともなう自然な相続となれば、かなりの税負担が余儀なくされます。

不動産の相続に関しては、銀行などの専門家からのアドバイスが行われるケースがありますが、一般的に外部の人間には知ることが出来ないジュエリーの保有状況については、放置されてしまいがちになります。
このため、自宅に保管されていたダイヤや貴金属などが死亡後に見つかり、その他の相続対策が無駄になってしまうことも珍しくありません。
購入した際にはファッションの一環であるとして資産としての認識が低いかもしれませんが、複数のダイヤや貴金属を保有することは資産形成になります。
不動産や株式と同じく資産管理を行う必要があることについて十分に理解する必要があります。
事前に相続対策などをしっかりと進めた場合には、それぞれの取引が多額になってしまう不動産とは異なり、相続人とご家族の個々の状況に合わせた柔軟な対策が必要になります。
相続が原因となって遺族の関係が崩れてしまうことがないよう、良い思い出だけを残すための努力をしましょう。