投資信託を利用して自分が寝ている間にもお金を稼ぐことができて喜ぶ男性

投資信託って聞いたことありますか?投資信託とは、ざっくり言えばお金だけ出して後は専門家に投資を託すものです。その為、ほったらかしでも稼ぐことができるものなのです。忙しくてちまちまやってられないという方にはもってこいの投資法と言えるでしょう。

投資信託は少ない額から投資できる

投資信託の利点の一つとして、少ない額から投資できるということが挙げられます。
投資信託とは株などの運用商品を買うことに違いはありませんが、個人的に株を買うのとはかなりの違いがあります。
個人的に株式を購入する場合、少ない金額ではそもそも投資できません。
株式には最低単位というものが設定されており、その最低単位ごとでないと購入することができない仕組みになっているからです。
多くは1000株単位ですが、最近では100株単位のものも増えてきていますし、それ以外の単位としているものもあります。
仮にいま株価が500円の株式があったとして、単位株が1000株の場合は、500×1000で最低でも50万円の資金がないと投資できませんし、その後も50万円単位でしか買えないわけです。
40万円では全く買えませんし、90万円あっても1800株買えるわけではなく1000株買って40万円は余るだけということになってしまいます。
つまり、それなりのお金がないとなかなか運用しにくいわけです。
一社だけの株を買うのはちょっとリスクが高い、いくつかの企業の株式に分散して運用したいと思っても、先立つものが十分にないとそういうことができないのです。
しかし、投資信託ではそういうことがありません。
これは、多くの人から資金を集めて、その集めた資金で株式を運用しますから、一人一人を取ってみると非常に少ない資金で、そして単位株未満の株式であっても運用することができるのです。
1000円くらいのお金から運用できるような投資信託も珍しくありません。
運用商品についても、いくつかの株式を複数組み合わせたものが用意されており、自分の投資スタイルにあった方法を選ぶことができます。
自分に合った投資信託に出会えた場合、その他は投資信託解約のススメをします。

投資信託でかかる税金はNISAで解決

日本でも数年前にNISAのサービスが始まり、各金融機関で大々的にプロモーションが行われていました。
NISAとは投資家にとっては大きなメリットがあり、初めて投資を考えている人は是非NISA口座を開設してから、まずはNISA口座内での投資から始めてみましょう。
NISA口座で年間決まった金額内であれば、利益が出ても税金を支払う必要がありません。
そのため得た利益をそのまま利益として受け取る事が出来ますので、多くの投資家の注目を集めています。
しかし、このNISA口座は一人一つの口座しか持つことが出来ませんので、どの金融機関の口座を選択するのかは慎重に選ぶ様にしましょう。
そんなNISAを使った投資対象としては、投資信託がおすすめです。
投資信託は初心者にお勧めの金融商品であり、少ない資金からでも始める事が可能です。
そして、日本株に限らず世界各国の金融商品を購入する事が可能で、株から債券、そして不動産まで幅広く資産形成が可能となっています。
そして投信は毎月の定額購入が可能ですので、例えば決まった投信を毎月5000円自動的に購入する事が可能です。
毎月自動的に投信を購入してくれますので、忙しい人でも難しい操作の必要が無く、金融商品を増やす事が可能です。
そして、もし投信を売る場合はNISA口座内から売る事で、その利益をそのまま受け取る事が出来ます。
税金をとられる心配がありませんので、確定申告をする手間を省くことにもつながるでしょう。
この様にNISA口座を使って投信運用を始め、税金の支払いを回避しながら、徐々に資産を運用していくと良いでしょう。
徐々に資金を増やしつつ投資に慣れていくと良いでしょう。
NISA口座の限度額を超えても一般口座での取引きが可能ですが、税金の点には注意しましょう。

投資信託のデメリットは元本保証がない

投資信託のデメリットの一つに、元本保証がないことが挙げられます。
これは、投資信託とは単純にいえば企業の株式を購入することであり、株式には元本保証などどこにもありませんから、ある意味当然のことではあります。
しかし、もちろん個々人が独自に株式を購入するのとはかなり様相が異なります。
個人が企業の株式を購入する場合、どの銘柄を選ぶか、どれだけの株式を購入するかはもちろん自分の判断、責任です。
もう一つ、個人で購入する場合の特徴として、株式というのは最低購入単位があり、しかも一般論として個人の資産は限られていますから、多くの銘柄を買うことが難しいということです。
どの銘柄が良いかいろいろと検討した結果として、比較的少数の銘柄を購入することになるのが普通です。
これに対して投資信託は、株式を購入することは同じでも様相がかなり違ってきます。
まず、信託という言葉のとおり、他の人を信じて自分のお金を託すのです。
他の人とはつまり投資信託を取り扱っている会社であり、その会社の担当者です。
彼らはプロであり、少なくとも情報や経験は一般人よりも多く持っています。
だからと言って100%一般人よりも多くの利益が上げられるとも限らないのが株式のおもしろいところでもあるのですが、一般人以上の利益を上げられる可能性が高いことは間違いありません。
もう一つは、多くの顧客から集めたお金で株式を購入しますから、顧客一人一人から見れば、最低購入単位以下の株式でも購入できるのです。
言い換えれば、それだけ多くの銘柄に分散投資でき、リスクを減らせるということが言えます。
このようなメリットが投資信託にはあるのですが、元本保証がないことには変わりはありません。